新居建築記録として立ち上げたブログですが、記録半ばで家の整理に追われ中断。引越しから2年半、念願のわんこ生活スタートを機に、お家でのフラットコーテッドレトリーバー“ハリー”との日々を記録していきます!完成後のおうちの写真もおいおい出していければと思ってます。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんにちは~!更新まで間があいてしまってごめんなさい。

皆さまにご心配かけるだけかけていたハリーですが、

腸閉塞の開腹手術からもうすぐ2週間。

安静にといわれる中、元気になりすぎてヒヤヒヤの日々を過ごしてきましたが、
昨日の日曜日に無事に、抜糸してもらってきました!

白くてツルンツルンだったお腹も少しずつ毛が伸びて、グレーになってきています。
24時間ほとんど繋ぎっぱなしという可哀相な状況でしたが、
腸管の縫い目が破れるかも、という心配ももうほぼないようです。

まだお散歩は禁止、エリザベスカラーも着用続行ですが、
日に日に元通りになってきています。

ご心配、励ましいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

もっとしんどい病気やケガで闘っているワンちゃんもたくさんいると思います。

そんなワンちゃん達も一日も早く、治療の成果が出て、元気になりますように!!!
心からお祈りしております。


自分たちへの戒めと開腹、回復記念にツルツル写真アップしておきま~~す♪

CIMG2834.jpg

そうそう。今回の手術で、ハリーが「入院不可」とカルテに書かれていることを初めて知りました。
どうやら去勢手術の時に、ケージの中でキャンキャンうるさかったらしい・・・
そんなぁ~~~。 生後数カ月の赤ちゃんやのに寂しくて当然やーん。
手術が深夜だったので、0時過ぎくらいに病院から自宅に連れて帰って、
また翌日の朝(休日)に病院まで連れてって大雨の中注射を打ってもらうという段取り。

おかげで入院費ういちゃったよ~~。 深夜料金はかかったけど。

後日、この2日分をまとめてお支払いした内訳が次の通り。

いったいお幾らほど???と怖かったけど、ぎりぎり想定内。
もしかして良心的な料金システムなのかな?

手術に関わる診察記録
7/11
再診料       500円
レントゲン撮影   4,000円
全身麻酔      20,000円
静脈留置処置    2,500円
皮下注射(1000)3回 3,000円
皮下注射(1500)   2,000円
点滴(静脈-自動点滴機使用)
          3,000円
点滴(皮下250ml以上)  0円            
腸切開手術     35,000円
時間外診察料(深夜) 30,000円)
7/12
再診料       500円
皮下注射(1000)2回 2,000円 
皮下注射(1500)1回 1,500円
皮下注射(2200)1回 2,200円

合計(税込)    110,990円


ペット保険、入っとけばよかったかなぁ。。。
でも老犬になったときに、どんどん上がる保険料を、残りの寿命と天秤にかけて考えるようなことがあったら悲しい。
そんな理由から、我が家はペット保険には入らないことにしているのです。。。
その分、保険料の代わりに、しっかりとペット貯金しておきます。

 
スポンサーサイト

 

 

 

 
7月11日水曜日の朝、昨日流れていなかったバリウムがどうなっているか再度確認のためレントゲン撮影。

昨日、バリウムがストップしていた場所までは小腸がとても太く、
そこから先は、細く、バリウムも、ほんの少しだけ流れている様子を確認。

やはりそこに何かが詰まっていて、すき間から少しだけ流れている可能性が一番高そう。

病院の手術時間には乳癌のワンコちゃんの手術が入っているということで、
夜の診察終了後、時間外に手術を受けられることに。

19時に病院へ、こんな日に限ってすごい数の患者ちゃんたち。
受付してもらえたのは20時過ぎ。 
休みなしの先生やスタッフの皆さん、優しく迎え入れて下さることに心から感謝。

「日付変わる覚悟で今から手術します。とりあえず終わったら来てもらいますので自宅待機して下さい」
とのことで、注射一本打った時点で、ハリーを病院に引き渡す。

家で待機と言われてもそわそわ。 子どもたちの食事や勉強をひととおり見て、病院へ戻り車の中で待機。

23時を過ぎたころ、看護師さんが出て来て「もう手術が終わるんですが、お腹から出てきたものを確認だけしてもらえますか」と、ビニール袋に入れて持ってきてくれたその異物は、飲みこんでからもう1カ月以上はたっているだろうと思われるゴムのオモチャの一部。
ハリーがとても気に入って遊んでいたけれど、最終的に細かくちぎって飲みこんでしまい、うんちにいっぱい出てきたモノだった。

すでに日付が変わって12日0時、待合室の床に横たわったハリーに対面。
麻酔からまだ覚醒の途中で、今から片づけるので体をさすって看ててあげて下さい、と言われる。
時折目をあけてこちらを確認するもまだまだ朦朧とするハリー。
0時半頃ようやく頭を上げて傷口を気にする様子が見られた。

そこからやっと先生からの説明を受ける。

異物は、胃から1mほどの場所に詰まり、胃からその位置までの小腸がパンパンに腫れて水が溜まっていたそう。
小腸自体が、触ったら破れるほどブヨブヨになってしまっていて、溜まった水分を抜く作業もなかなかうまく進まなかった。なんとかガーゼで吸い取り水分を抜いたと。 
最後に、開いた箇所を縫いつけるのもブヨブヨになっているせいでとても難しい手術だったとのこと。
小腸が寒天とか豆腐とかほど柔らかくなってしまっている場所を縫い合わせる、という説明。
想像するとぞっとする。 素人相手にもうちょっと他に言い方が。。。

そんな状態だったが手術自体はうまく処理できて成功。

今後はその縫い合わせた場所が、切れてしまわないようになるべく安静に。
「後はこの子の運なんだけど、今までたくさん手術してきて切れてしまったことは一度もないです。」という先生の力を信じる!!

家に戻ったのは深夜。 気になって気になって全く眠れない。ハリーもなかなか寝付けない様子。
やっとウトウトした頃、気持ち悪そうにしてると思ったら嘔吐。
立ちあがってしまってるし、しんどそう。
少しして落ち着いてまた眠り始めた。その後は翌朝まで落ち着く。
8時に病院へ。また時間外で対応してくれるとのこと。
大雨の中、車まで来て先生が注射を数本うってくれた。感謝。

帰宅後は夕べ眠れなかったハリーと2人で日中ぐっすりお昼寝。嘔吐もなく落ち着いている。
夕方になって急に元気になってしまって、自分から立ちあがってきた。
それからは一気に元気が戻って、安静を保てないんじゃないかと心配。

明日金曜日もまた朝から病院。

CIMG2829.jpg
去勢手術の時に借りて破壊したカラーを専用にもらっていたので今回も持参。

また不自由生活が続くのか。 

 

 

 

 
昨日、火曜日の夜に書いた記録です。

朝9時に病院。

早速バリウムを飲ませる。
食欲がないせいか味が気に入らないのか口をつけない。
先生が注射器で流し込んでくれるのをハリーは必死でゴクンゴクンと飲みこむ。
それから30分おき、1時間おき、と、朝から何度も何度もレントゲン撮影。
最初はスムーズに流れる様子がみえ12時に一度帰宅。
17時再度病院へ、17時の撮影ではバリウムが小腸の途中でとまってしまっていた。
2時間後にもう一度ということで、19時に再び病院へ。しかし19時撮影もまったく変わらず。

何かが詰まっている可能性がある、けれども、何かが見えるわけではないから、詰まっていないかもしれない。
開腹手術をしても何も出ないかもしれないし、もしも本当にすい炎だとしたら開腹すると悪化もあるうる。
明日の先生のスケジュールはいっぱいで、明後日は休診日。
今日の夜の時間を割いての手術にするかどうか・・・
本音は帰って寝たいです、と言いつつも一生懸命最善の方法を考えてくれる先生。
そしていやな顔ひとつせず治療とハリーの相手をしてくれる看護師さんたち。

夫は「先生におまかせします」なんていうけれど、先生が決められるわけがない。
あとで先生も「任せますと言われても我々も飼い主さんと相談して決めてもらわないと」と言っていた。
そりゃあそうだと思う。責任転嫁ととられてもしょうがない。。。

夫はとにかく言葉足らない。
気持ちをくんで要約してあげると、「先生の責任なんて問いません。素人の我々は先生しか頼る人がいません。その先生が選んでくれた方法ならどんな結果でも正しかったと思えるんです」ということなんだけど。。。苦笑

先生が次の患者さんの対応している間に、
少しだけ夫と2人だけになって話す時間があった。
「手術せずに命を落とすなら、手術して落とす方が後悔しないよね」
相談するまでもなく、一致した意見。

その時の外来の患者さんは、消えた命を迎えに来たご夫婦だった。
小さい棺を抱えるお父さん。先生に頭をさげるお母さん。
あぁ・・・犬を飼うと、これが現実なんだと涙がこみあげる。

そして診察室に呼ばれる。
「説明を聞くかぎり、手術して悪化するよりも、何かが詰まっていた場合の危険のほうが大きいように感じました」
と伝えると、「うん。そうですね・・・」と先生。
夫もさっきの発言を反省し
「僕たちにとったらたった一匹の子なので、先生たちにご負担かけるのは百も承知なんですが、最善の策をとってやってほしいです」
と話す。
そこでも先生は一生懸命考えてくれる。 
私が考えているよりも手術というのは体への負担が大きいのだろう。

「元気ないですよね?食欲もないですよね??」って先生。
「家ではずっと横たわってますが、ここに来たら嬉しくて元気です」
「食べ物は与えてないのでわかりませんが、水分は少し口にしたそうです」と私。

いっぱいいっぱい考えてくれて、そして「今日これから切りましょうか」と先生。
日付は変わる覚悟でかかります。と。
ありがとうございます。本当にその言葉しか出ない。

じゃあ時間ないからお腹の毛を剃り始めましょうか。
と、バリカンと電気カミソリでお腹、特にオヘソの上下を念入りに剃る。

何を思ったのか先生、ちょっとこれあげてみよか。
とウェットタイプのフードを与えてると、ガツガツ食べた。

ここで先生の迷いがまた出た;;;

長くなってきたので結論。
普通詰まってたら食欲ないはずなんで、手術は明日の夜まで待ちましょう。

とのこと。
帰り際に点滴と、腸を動かすお薬を飲ませてもらって帰宅。

しばらくしたら、お腹がキュルキュルいいだした。
止まっていた胃腸が動いて詰まっていたのが動いたのか。
かすかな希望を胸に、寝る前のオシッコのために外へ連れ出してみた。

しかし残念ながら、出たのは便ではなく、胃にたまっていたバリウム。
やはり詰まっているの?

明日の午前中にもう一度病院でお腹の写真を撮ることになっている。
この様子だとやはり夜に手術してもらうことになるのか。

スタッフの皆さんもその心づもりで今日は来てくれる。

どうか。みんなの思いが届いて早く元気になってほしい。


診察の記録

再診料      500円
消化管造影検査  20000円
点滴      2500円
皮下注射     1500円
経口投薬処置2回    600円

合計       26360円


 

 

 

 

 
ハリーが土曜日の朝、嘔吐して、それからずっとグッタリしています。

これまでの経過の記録。

土曜日の朝、嘔吐。 前日食べたヒヅメの一部が出る。

その日数回の嘔吐。胃液と思われる泡状の液体。
夕方には落ち着いたように見えたので、
夜、柔らかくしたフードにビオフェルミンを入れて自己判断で2口ほど与えた。

翌朝また嘔吐。 昼前に病院で受診。

誤食が原因でどこかに詰まっている可能性もある、と、レントゲン検査。
レントゲンで写るような異物は見られず。
血液検査でのLIPA値が 2935 U/L と高い数値を示し、膵炎を起こしているとのこと。
膵炎が合併症なのか、単発なのかは不明。
点滴と注射の処置を受けた。

帰宅後もずっとぐったり横たわったまま。

夜中は添い寝してみたが、時どき、下をペロペロと吐き気を感じるようなしぐさ。
気分が悪いんだろうなぁと体をさすってやると落ち着き眠る。こういうことが数回。

翌朝、目が覚めてからしばらくして、胃がポンプ運動を始めてまた嘔吐。
茶色いネバっとしたものが、食べていないわりに多めに出た。

朝から病院へ。 バリウムで直腸から胃までを調べるか悩むが、
明日までに再度嘔吐するようならば明日朝からバリウム検査をしましょうと、
今日はまた点滴と注射だけで帰宅。

ずっと横たわっているが、オシッコのために外へ出たら、大量のオシッコをして、
5分ほど家の周りをわりと元気な様子で歩く。
ウンチをするも、ほんの少しの便??何???というものが少量。

ほんの少しなら水を与えても良いということだったけれど、水には口をつけない。
点滴で水分は足りているのか?

その後、夜も、基本は横たわったまま、パパが帰ってきたときには立ちあがって歓迎。
ずっと寝ているけれど、嘔吐はなし。

ハリー

現在日付が変わって火曜になりました。深夜0時過ぎ。
ぐっすり眠っています。 もう元気がないのか眠いのか判別できない時間帯。

嘔吐せずに朝を迎えて、朝には少しでいいから元気を取り戻して欲しい・・・


しんどいけど、がんばって!ハリー!!!


◆追記①◆
深夜1時すぎ。またペロペロと始まりポンプ運動のような状態に。
そのまますぐにまた嘔吐。 今朝と同じコーヒーのような茶色い液体。
吐き止めの注射が切れると吐くのか・・・
明日はバリウム検査になると思われる。
長ければ丸一日かかるそう。
大変な検査でも原因や処置法がわかればいい。と思う。


7月8日の治療の記録

再診料         500円
セット検査(ミニマム)  3500円
血清化学検査      1500円
レントゲン撮影(5方向)  7000円
点滴          2500円
皮下注射        1500円


7月9日の治療の記録

再診料         500円
点滴         2500円
皮下注射       1500円
 

 

 

 

 
ハリーでち。

今日は母ちゃんに代わってボクの出番でち!!

このあいだ、真白せんぱいから「靴下のむでちよー!」とカツwを入れてもらったでち。


だから、ボクがんばったでちよ。

ずっと狙ってた、大物を食べてやったでちっ!!!

DSC_0449.jpg

このおパンツ。

ヒナねえちゃんがボクにくれたでち。

とっても美味しそうになってきてるでちよ。


すぐに怒る母ちゃんが、お昼ごろ友達と出かけていったでち。

これはチャンスでち!!!


ちょっと大変でちたけど、がんばってゴックンゴックンしたでち。



帰ってきた母ちゃんがまた騒ぐでち。


「あんた!!パンツは!!!! また食べたんかっ!!!」


何回も何回も叫ぶでちよ・・・


お昼寝のじゃまでち。


そしたら病院に連れていかれたでち。
あそこは寝てる間にボクの大事なもの失くした場所でちから、
あんまり行きたくないでちのに。。。。

そのうえ注射2回もされたでち。


お腹がしんどくなったでち。


おえーーーーーーーっっ!!!


出たでち!!!! 何かが出たでちよっ!!!!!



ヒナ姉ちゃんのおパンツでちっっ☆

なんででちかねぇ???

おかちぃでちねぇ・・・・



帰ってきたら母ちゃん、ボクのこと、こんなにしたでち。


CIMG1770.jpg


なんででちかねぇ・・・・ 



こんな可愛いのがよかったでち。。。






頑張って更新します☆ ポチッ→と応援お願いします♪にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ










バレエショップ スワローシー


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 白いおうちでフラット生活~全館空調のおうち~, all rights reserved.

script*KT*

アッコ

Author:アッコ
愛する夫と2人の子供、そして、
フラッティ「ハリー」との生活。
優雅にとはいかないけれど、
おいしいコトいっぱいして、
おいしいモノいっぱい食べて、
おいしい毎日を送りたいと思っています。











にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

現在の閲覧者数:




10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

未分類 (3)
ごあいさつ (8)
家族のこと (8)
グルメ (4)
料理 (3)
外食 (1)
コストコ (1)
フラットコーテッドレトリーバー (61)
ハリーとの日常 (37)
ハリーもの (5)
病院 (11)
去勢手術 (6)
家づくり (55)
こんな家にしたい (1)
業者えらび (3)
間取り (2)
解体工事 (1)
地鎮祭~基礎工事 (7)
建て方 (5)
上棟式 (1)
外装工事 (8)
内装工事 (7)
設備や仕様 (7)
断熱材 (2)
全館空調 (1)
キッチン (4)
ひとりごと (2)
失敗 (1)
インテリア (2)
ウッドデッキ (1)


玄関に飾りましょう♪


落ち着いたクロムのペーパーホルダーを。


念願かなったグローエ☆


ヒナ愛用の可愛いデスク


ガラスのドアノブ付けたかった・・・


決めてた両面時計だけど・・・
付ける場所がない;;


白い壁にアドレスナンバーを

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。